まつげの長さや太さというのは、カールの種類と同様であり、印象や雰囲気、また好みも大きく変わってくることでしょう。
人それぞれが考えている理想的なまつげを簡単に作り上げることが出来るのです。

 

会社や学校、イベントなど、人によって様々なシチュエーションに合わせスタッフが丁寧にカウンセリングしてくれます。
この時にもし自分が希望するデザインをうまく伝えることが出来ない時には、施術中に担当者と相談をしながら進めていくこともできます。
極端に太いまつげエクステをすることで、取れやすく不自然な印象がありますが、ゴージャス感が圧倒的に出てきます。
舞台上やパーティーの席などでは一際目立つ存在になり、美しさに拍車をかけることでしょう。



様々なデザインを提供しているまつげエクステブログ:2020/5/23

ぼくの今年の目標は、
「ストレスを溜めない!」ことです。

ぼくのストレスとの付き合いは、
すごく長期間に渡ります。

ストレスのために、
胃薬に頼ったこともあります。

ストレスのために、
寝てる間も歯を食いしばり過ぎて、
7時起きてもくちがいつものように開かないときもありました。

ストレスのために、
マブタが痙攣したことも…

こういったような肉体に出る症状もありましたが、
連日の生活において慢性的なものとしては、
ドカ食い+おやつを食べることでした。

ドカ食いをするわけですから、
咀嚼などほとんどしません。
おかずを少しつまんで、ライスをいっぱい食べるわけです。

コロッケにソースをたっぷりかけて、
味の濃さでライスをいっぱい食べる…なんて、
ぼくの大好物!

自分ではあまり気付いていないのですが、
隣で見ていた家内からは
「誰も取らないから、ゆっくり食べなさいよ」
と笑われたりします。
それくらい、必死に一心不乱に食べているようです。

しかも、それだけでは物足りず、
今度はおやつに手が行きます。

スナック菓子などを手で食べると、
手が汚れて油がついてしまうので、
ライスを食べたお箸をそのまま、
おやつの袋におもむろに突っ込んで食べていきます。

しかも、途中で止めることができません。
「ガツガツ、ムシャムシャ…」
味などは、ほとんどわかりません。
ただただ、塩分を肉体が欲しているんでしょうか…
止まりません。

一袋無くなるまで、一気に食べ続けてしまう…
そこで、我に返って満腹感を感じるといった感じです。

そして、少し時間がたってくると
ぼくは胃もたれみたいなものに悩まされるのです。